寺西加織のセクシーお宝動画 妄写 寺西加織

妄写 寺西加織


妄写 寺西加織
童顔とHカップバストで人気の寺西加織ちゃんのイメージ。今回は男なら誰もが抱くエッチな妄想を徹底的に再現。ナース、レースクイーン、女子校生など、さまざまな衣装でセクシーショット…



キーワード:セクシー  巨乳  イメージビデオ  
メーカー:ティターンズ


ネットの妄想 口コミ

終戦の日に女子校生さん位の若い人が書いたブログとしては、一般的なものではないのでしょうか。
この日の女子校生さんのブログも、「今日は日本がポツダム宣言を受諾して65年の日」という一説から始まります。
じつはこれ、その前夜に放送された終戦記念ドラマ「帰国」の中で、女子校生さんが演じた元美大生の台詞の一部なのです。
このドラマの中で、女子校生さんが演じたのは、美術学校を卒業した後、故郷に帰り、結婚した物の、僅か新婚3日目に召集令状が届き、後に戦死した少尉。
女子校生さんは、女子校生さんの公式ブログの中で、このドラマの撮影に当たり、事前に靖国神社を参拝した事を明らかにしました。
私も時々女子校生さんのブログは拝読しているのですが、はっきり言って、別段文章がうまいとか、切り口が面白いと感じる事は殆どありません。
8月15日と言えば、言わずと知られた終戦記念日、日本がポツダム宣言を受諾した日です。
中には、日本は終戦を迎えたのではなく、配線を迎えたのだとか、ちゃんと戦争について習っていないやつだとか、関心のあるふりをしているだけなどという声も多数あります。
では、何故、そのドラマに出演した女子校生さんの言動が問題視されたのでしょう。
因みに、今年の8月15日、菅内閣は、見事なまでに全員靖国神社を参拝しませんでした。
にも関わらず、靖国神社を参拝した女子校生さんは偉いのか、偉くないのか、その辺り、結構いろいろなブログやサイトに情報掲載されていますから、読んでみると面白いかも。
まずは女子校生さんのこのブログ記事をじっくり読んだ上で、是非考えてみて下さい。
初めて靖国神社でロケが行なわれたテレビドラマとして、大きな話題を呼びました。



こんなアイドル動画も人気です